男はスキンケアしてはいけない

ぜひノーファンデーションに挑戦していただきたいですね。3人の美しいお医者さんたちも、全員がノーファンデーションです。最近では、女性ばかりか、スキンケアをする男性が増えているというのですが、とんでもないことです。男性の毛穴の大きさは、女性の倍以上もあります。ます。毛穴が大きい分、化粧品に含まれる化学物質などの害を受けることになります。日本で使うケミカルピーリングの薬剤は弱いものですが、アメリカでは皮膚がズルズルにむけるほど強いものをもちいますので、やけどやかぶれなどのトラブルも多いのです。中でも、男性は女性に比べてはるかにトラブルが多い。これは、男性の毛穴が大きいからにほかなりません。私の患者さんにも、奥さんから、化粧水くらいつけなさい、クリームくらいつけなさい、などといわれて、つけはじめた男性たちがいます。彼らの肌は、マイクロスコープで診ると、スキンケアを熱心にしてきた女性たちのように、毛穴という毛穴が真っ赤に炎症しています。毛穴の大きい男性の場合、化粧品を短期間、使用しただけでも、大きなダメージになることが、このことからもわかります。デパートの男性化粧品の売り場で、近頃はふつうに男性たちの姿を見かけるようになりました。日本の男性が過度なシャンプーで薄毛を早め、次は化粧品でケアを始めて肌の老化を早めるのかと思うと、残念な気持ちにさせられます。毛穴が大きい分、男性が化粧品でケアなど始めると、あっという間に肌が老けるということを肝に銘じ、「女もすなるスキンケアといふものを男もしてみむとて……」などという気はゆめゆめ起こさないでいただきたいものです。こと、数人の医師たちが私をとり囲み、「髪が増えたんじゃないか?」「ツンツン立ってるけど、何かつけてるの?」などと、短く刈り込んだ私の髪をふしぎそうにのぞきこむのです。実際、私の髪は増えました。1本1本が太くなり、本数も増え、そして、髪にコシが出たおかげか、以前はムースをつけなければパラパラと落ちてきた前髪が、指で軽くなでつけるだけで、ツンツンと立ちあがるようになったのです。
特別な養毛剤や育毛剤を使ったわけではありません。特別なマッサージをしたわけでもありません。ただ、シャンプーをやめて、水で髪を洗うようになっただけなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です